子供のための安心脱毛ガイド

毛深いって恥ずかしいこと?

子供が思春期を迎えると、強烈に周りの視線を意識し始めます。

 

いわゆる「周りと一緒じゃないとおかしい」という感覚です。

 

女の子であれば、小学4年生あたりからです。
「自分は毛深い・・・」という意識があると、プールで水着になることに抵抗を覚えます。

 

また半袖など周りに見られる洋服なども気にすることに。

 

女の子であれば、どのみち大人になっても毛深いとい悩みは同じです。

 

これから先、恥ずかしい思いをさせないように思春期のうちから脱毛をしたほうが賢明です。

 

子供だから気にしなくていい?

「子供なんだから毛深いなんて気にしなくていい」そう思われる親御さんもおられます。

 

それは子供の気持ちをまったく無視している考えです。

 

恥ずかしい思いをしたまま思春期を過ごすと、思い切りがなくなります。
もっと行動して、色々な経験をして、社会人へとなっていく練習を積み重ねていく時期です。

 

子供らしく伸び伸びとした生活を送ってもらいたいのであれば、脱毛などは些細なことです。