脱毛処理方法とトラブル

脱毛ワックスと脱毛クリームの脱毛方法

毛というのはたんぱく質で構成されています。
このたんぱく質はアルカリに弱いという性質があり、市販の脱毛クリームはこの性質を利用して脱毛できるようになっています。

 

皮膚の表面にクリーム状のアルカリ性の薬剤を塗って毛を溶かすというわけです。

 

肌の表面に出ている部分を処理するだけなので、毛が伸びてきたらまた定期的に処理をする必要があります。

 

短期間でできるが・・・

脱毛クリームは短期間で広範囲の脱毛ができるというのがメリット。
ですが薬剤が皮膚に合わないという人もいます。

 

薬剤と毛の化学反応で毛を溶かしてしまうくらいなので、皮膚の保護膜も溶かしてしまいます。

 

そのため脱毛クリームは肌への負担が少ないことをアピールしている商品がたくさんあります。
人によっては肌荒れやかぶれ、腫れ、アレルギーなどの原因になることもあります。

 

脱毛クリームを使う前にパッチテストを

脱毛クリームを使って肌荒れになる前に、必ずパッチテストを行いましょう。
肌のトラブルがないと分かったら、脱毛クリームを使いましょう。

 

脱色剤にも注意が必要

脱毛クリームは毛を溶かすもの。
逆に毛の色を薄くして目立たなくなる脱色剤という商品もあります。

 

これも化学製品を皮膚に塗るわけなので、脱毛クリームと同じように注意が必要です。

 

脱色剤のほうが脱毛クリームよりも安全、と思っている人も多いかもしれませんが、かぶれや腫れ、アレルギーなどを引き起こしてしまう心配はあります。

 

脱色剤も脱毛クリームと同じように、使用する前に必ずパッチテストをして、自分の肌に合うかどうかをテストしましょう。

 

脱毛ワックスと脱毛テープは痛い

脱毛ワックスは、ワックス剤を皮膚に塗り、冷えて固まったところで剥がします。
そうすることで毛も一緒に引きはがれるという商品です。

 

脱毛テープは薬剤の塗られたテープ。
これも同じように脱毛したい箇所へ張って、剥がすときに同時に毛も引きはがすという仕組みです。

 

ですが、脱毛テープも脱毛ワックスも、はがすときの痛みが強く、皮膚への刺激も強いのでおすすめできません。

 

皮膚の表面も剥がれるうえ、毛穴が広がってしまうというデメリットもあります。
毛穴が広がったまま放置すると、ポツポツと表面に穴が目立つようになります。

 

この方法は肌への刺激が強すぎるうえ、定期的に繰り返すとなんらかのトラブルを招く可能性があります。

 

痛みを少なくするには?

ワックス剤は肌へ直接塗るのは痛みがあり、トラブルを引き起こします。
目の粗いガーゼなどを皮膚に当ててから塗るようにすると、肌のダメージを少し和らげることができます。

脱毛ワックスと脱毛クリームは肌へのトラブルが大きい関連ページ

カミソリと毛抜き
子供でも安心して使える安心脱毛ガイド
家庭用脱毛器は本当に効果があるの?エステとの違いは?
家庭用脱毛器はエステと同じような効果が本当にあるの?