脱毛処理方法とトラブル

カミソリの脱毛

一般的に脱毛(除毛ともいいますが・・・)でよく使われるのがカミソリでしょう。

 

自宅で簡単にできる脱毛としてカミソリは非常にポピュラーです。
お金も時間もかからない手軽さがあるので、誰もが1度は試してことがあるかもしれません。

 

しかしカミソリは1度剃っても数日でまたすぐに生えてきてしまうため、頻繁に処理をしなければいけないのがデメリット。
とくに肌の露出が多い夏の場合は、ほとんど毎日処理をしなければいけません。

 

もっとも多くの人がやっているカミソリでの脱毛法は、皮膚の表面に出てきている毛を剃るだけ。
2〜3日すればすぐに毛が伸びてきてしまいます。

 

また頻繁に肌にカミソリを当てることになるので、肌の弱い人はカミソリ負けをおこします。
肌がかぶれる、赤くなる、かゆくなるなどのトラブルを起こしやすい処理法です。

 

とくに毛の向きに逆らった逆剃りは毛穴を傷つけやすいので絶対に止めましょう。

 

カミソリを使う前は、肌への刺激を和らげる必要があります。
まずクリームなどを肌へ塗って、そり終わったあとは化粧水や乳液などで丁寧にケアをしてあげましょう。

 

カミソリは新しいものを

カミソリは直接肌へ当てるもの。
そのため清潔に保つようにしなければいけません。
カミソリの刃が古くなると、肌を傷めてしまったり、小さい傷口から細菌が入ってしまうこともあります。

 

カミソリで処理する場合は常に清潔な刃を使うように注意が必要です。

 

毛抜きでの脱毛

カミソリと同じように毛抜きも自宅で簡単にできる脱毛法としてポピュラーなものです。

 

毛抜きは皮膚の中に埋まっている部分まで抜くことができます。
そのためカミソリを使うよりも仕上がりはずっときれいで、処理の回数も少ないのがメリットです。

 

ですが、1本1本丁寧に抜いていかなければいけないのは、疲れるし面倒なのがデメリット。
両脇の処理は1人でやるにはやりづらく、手足やビキニラインは痛みがともないます。

 

毛抜きの途中で毛が切れてしまうと、皮膚の表面まで伸びてくる前に皮膚の中に埋没してしまうことがあります。

 

毛抜きできれいに完全に処理をするには、自分でやると難しいといわざるをえません。

 

毛抜きの処理の前に準備すること

毛抜きを使った脱毛を試すには、処理する箇所に温めたタオルを肌に置いておくこと。
そうすれば毛穴が広がるので、比較的抜きやすくなります。

 

入浴中の毛抜きはNG

入浴中だと毛穴が開いているから処理しやすいと思って、処理をする女性もいます。
ですが入浴中に毛抜きで処理すると、毛穴から細菌感染がしやすいので、やめましょう。

カミソリと毛抜き関連ページ

脱毛ワックスと脱毛クリームは肌へのトラブルが大きい
子供でも安心して使える安心脱毛ガイド
家庭用脱毛器は本当に効果があるの?エステとの違いは?
家庭用脱毛器はエステと同じような効果が本当にあるの?