家庭用脱毛器の効果とエステとの違い

家庭用脱毛器が増えてきている

以前までは脱毛器というのはエステにしか置いてありませんでした。

 

ですが自宅でも気軽にできる家庭用脱毛器もたくさん販売されてきました。

 

公衆はを利用して毛を抜けやすくする、電気刺激を与えて毛を引き抜くといったタイプです。
手足や顔、わきなど部位別に対応しています。

 

カミソリや毛抜きはトラブルを起こしやすく面倒だという知識が増えている人もたくさんいます。
そのような方法で脱毛をする人は少なくなってきているようです。

 

そのぶんエステで使われているのと同機能といった家庭用脱毛器を購入する人が増えています。

 

ですが、きちんとした知識がないのにそういった家庭用脱毛器を自宅で使うにはリスクもあります。

 

電気的な刺激が強いほうが確実にできると思い込んでいる人もたくさんいます。
肌に負担をかけるくらい電気的な刺激を与えると、炎症や色素沈着などのトラブルを招きます。

 

また毛の流れに逆らって脱毛するように使用方法を明記してある脱毛器もあります。
逆剃りと同じように毛穴にダメージを与えてしまうので注意が必要です。

 

皮膚をきちんと保護しながら、毛の流れに沿って処理する必要があります。
またアフターケアもしっかり行うことがトラブル防止になります。

 

ただし、肌に優しいということに重点を置くと脱毛の効果は低くなります。

 

家庭用脱毛機器は正しく自分に合った使い方をすれば、それなりの効果は得られます。
ですが使い方を教えてくれる人がいなかったり、正しいアフターケアをする知識がなければ、万一トラブルが起こったときは大変です。

 

エステサロンの脱毛法は?

エステサロンでの脱毛は脱毛クリームや脱毛ワックスが1つの脱毛としてあげられます。
アロエエキスなど肌を保護する働きがある薬剤を使い脱毛しているところもあるようです。

 

サロンによってどのような成分をどのような割合で配合するかは違ってきます。

 

エステはレーザー脱毛が使えない

レーザー脱毛は医療機関でしか使うことができず、エステが語っている脱毛法はブレンド方法といわれる脱毛法です。
これは○○レーザー脱毛とネーミングされた医療用レーザー脱毛とは別物です。

 

ブレンド法の脱毛は電気針脱毛法の一種であり、毛穴のひとつひとつに毛乳頭という部分まで針を差し込みます。
そして直流電流と高周波電流を同時に流し込むことで、毛根を破壊していくという方法です。

 

確かに自宅で使う脱毛器よりも高い効果が得られます。
ですが電気針を肌に直接刺すのは医療行為です。

 

アフターフォローをしっかり行わないと炎症や色素沈着が起こる危険性があります。
残念ながらエステシャンは医療の知識はありません。

 

そのため万が一のトラブルには対応ができない可能性があります。
レーザー脱毛というのは医療機関でしかできません。

 

レーザー脱毛をしたいのであれば、医療機関とされている美容クリニックへ行くのが後悔もせず、安全で確実でしょう。

家庭用脱毛器は本当に効果があるの?エステとの違いは?関連ページ

カミソリと毛抜き
子供でも安心して使える安心脱毛ガイド
脱毛ワックスと脱毛クリームは肌へのトラブルが大きい
子供でも安心して使える安心脱毛ガイド